筋トレやウォーキングなどの運動をして生理痛が改善しない人はこれが原因!?

未分類

こんにちは!
コア×コアトレーナーの玉井です!
先週は雪が降ったりしましたが、お体ついていけていますか?寒暖の差が激しい時こそ、体調不良にご注意くださいね(*^-^*)

今日は「生理痛は運動で改善できるのか?」そして「運動してもなぜ改善しないのか?」というテーマで書こうと思います。はじめに申し上げておくと、生理痛は運動で解決します!ですが…運動の種類によります。

一概に運動といっても、運動にが本当にたくさんの種類があります。運動というと頭に浮かんでくるものでいえば、ランニングやウォーキングなどの【有酸素運動】。その他にはダンベルやマシンの使った【筋力トレーニング】なんてのも真っ先に思い浮かべる方もいらっしゃると思います。

【有酸素運動】はエネルギーとして主には脂質や糖質を使用します。有酸素運動を行うことで、血流が良くなることで、栄養素が全身に行き届きやすくなります。

【筋力トレーニング】はエネルギーとして主に糖質を使用します。筋力トレーニングを行うことで、筋肉のハリが出たり、筋肉量が増えるため水分を貯蔵しやすくなったりもします。

ですが、【有酸素運動】や【筋力トレーニング】を行ったとしても、生理痛が運動で改善されない場合があります。

改善しない理由として考えらる一つ目の理由としては、「骨格のゆがみ」です。例えば骨盤の内側に子宮がありますが、骨盤がゆがんでいると骨盤は不安定な状態となり、子宮の位置も安定しない場合があります。

また、ろっ骨のゆがみがあれば、横隔膜の位置が下がり、それに伴って内臓全体の位置も下がってしまいます。そのため、一番下に位置する子宮はそれらの重さに圧迫されてしまい上手く機能しづらくなります。

そのために必要なのは骨格にアプローチする【コアコンディショニング】です。簡単に言えば激しくない・がんばらない「整える運動」です!

わたしたちがお伝えしているのは、細かいところではなくまずは全身のバランスを整えることが重要で、日頃の動き方やお仕事などの生活要因が不調の根源だということです。また【有酸素運動】や【筋力トレーニング】をして生理痛が改善しない理由として2つ目に挙げられるとしたら、それらの運動に生理痛を改善するために必要な栄養素を奪われている可能性があることが考えられます。

闇雲に運動したところで、根本解決には結びつかないのが現状です。わたしたちはあなたのお体に合った運動をご提案できます。ぜひご相談からでもお気軽にお問い合わせください(*^^*)

そして2月25日(木)・3月3日(水)には【女の子のカラダ塾】生理の勉強会(入門編)を開催いたします。詳しくは下記のリンクをご覧ください!
↓↓↓
http://cs-corecore.com/tamaimiwako_officialblog/?p=15783

コメント

タイトルとURLをコピーしました